前へ
次へ

労働相談とはどのようなものか

労働相談は主に国や地方自治体などで雇止め、パワハラ、セクハラなどの問題の相談することを指します。相談先は国や都道府県で設置されている場合がほとんどですが、それ以外に労働組合の労働相談所もありますし、深刻な場合は社会保険労務士に相談することができます。地方自治体の場合はほとんどの場合、無料ですが、労働組合での相談の一部と社会保険労務士への相談は有料となります。相談内容は、多いのは不当解雇と言われます。法律で定められている場合や就業規則に規定がないのに解雇される場合です。解雇予告手当が問題になる場合もあります。さらには賃金の問題も多いようです。残業手当や休日出勤手当が規定通り支払われているかが問題になる場合や法定の最低賃金が支払われているかが問題になる場合があります。さらに就職時の労働条件のうち、特に社会保険加入が求人条件となっていたのに現実には加入されなかったという場合も問題になります。こうした相談によって労使での話し合いがつかない場合には、特定社会保険労務士に相談して訴訟に持ち込むこともできます。

Page Top