法律関連情報

保証人が死亡した後にどんな取り決めがあるか

住宅などを賃貸で利用するとき、親などに保証人になってもらうことがあるでしょう。
これによって、自分自身が支払えなくなったときは保証人に支払ってもらえるようになります。
貸主としてもリスクを軽減する必要があるので、多くの場合は保証人を設定するように言われます。
では、保証人が亡くなったときにはどんな取り決めが必要かです。
債務に関しては、亡くなったからと言ってなくなるわけではなく、相続人に引き継がれることになります。
相続人は、債務を引き継ぎたくなければ放棄などが必要になります。
保証人の権利に関しても、相続人がいるなら引き継がれます。
ただ、保証人が亡くなった後に確定した債務は保証人が保証する対象には含まれず、相続もされません。
つまりは、保証がいない状態になります。
貸す側はリスクを負うので、早めに別の保証人の設定を依頼しないといけなくなります。
利用者が亡くなったことを伝えていなければわからないこともあるので、注意が必要です。

Copyright(c) 法律 . All Rights Reserved.