法律関連情報

法律における憲法の役割を考えましょう

法律には大きく国内法と国際法があります。
私たちの日々の生活には一般的には国内法が適用されます。
私人間の関係では民事法と言われる私法、国と国民の間では憲法、刑法などの公法が適用されます。
このうち、最も上位に位置づけられる法律が憲法です。
憲法は他の法律と異なり、多くの歴史が背景にあります。
憲法の成立は人権の成立と捉えられる場合が多いようです。
現代の憲法の基礎になっているのは国民の基本的人権といえます。
この人権は、社会が封建社会から近代市民社会に移行するとき成立していると考えられています。
権力によって奪われていた国民本来の人権が、権力から解放されたものです。
三権分立の思想の基とした近代市民革命、つまりイギリス革命、フランス革命、アメリカ独立戦争などに象徴されます。
特に刑罰や税金の権力者の恣意的な運用により基本的人権を享受できなかった市民の社会への怒りとも言えます。
こうして、多くの先人の犠牲のもとに成立した人権を尊重する宣言が憲法のもとになっています。
ですから、憲法以外の法律が憲法に抵触した場合、効力がないとされます。
それを実現するための統治機構として三権分立が定められています。
このように、国民が平和で安心して生活できるように憲法が最高法規とされています。

Copyright(c) 法律 . All Rights Reserved.