前へ
次へ

知っておきたい労働相談

法律的な知識を持っているからこそ、的確にアドバイスができるだろうし、それを受け入れることは労働相談をする者には大切なことです。労働相談から問題が良くも悪くも進展していきます。職場のいじめ、パワハラ・セクハラについて相談することもあるでしょう。相談員といっても、法律の知識を持つ弁護士から社会保険労務士までいますし、裁判の経験など、士業者の実績も異なります。まずは、相談者がどうしたいのか、という気持ちを聞く姿勢を取るようにしているようです。的確な対応を取ってくれるものの、それが相談者によい結果になるとは断言できません。傷が深くなる可能性が少なからずあることも、忘れないようにしましょう。今、社会保険労務士などを含め、労働者を守るために働きながら相談員としても活動している者がいます。もちろん、解決できる問題ばかりではなく、長期戦になることがあったり、解決してからの風向きが思わしくない場合もあります。ですが、労働相談では「今よりほんの少しでも」状況を改善できる方向にはしっかり持っていってくれます。コトを荒立てるのは避けたいことも熟知していて、それまでに培ったノウハウから、必要な情報や重要な情報、解決策を伝えるだけに留め、士業者が介入せずにコトが終結へ向かうこともあります。もちろん、労働審判は裁判と違って非公開で行われるため、一般の方は見学ができません。ですから、知識がないのは当たり前ですし、裁判所へ出向く経験もない人が大半でしょう。労働審判は、申立人が1人で挑むことになります。また、双方の顔合わせもあるとなれば、顔を付け合わせたくないほどなのに、精神面も強くなければならないことを士業者たちは伝えています。これは決して悪い意味でなく、ハードルが高いからです。勇気を出してほしいからこそ、先にデメリットもメリットと一緒に伝えます。その上で、弁護士と一緒に申し立てをするので、決して不安がることはありません。

Page Top